看護師転職サイトを利用して良い転職に成功するには

口コミ・評判をチェック!良いサイトを利用しよう!

看護師の夜勤手当をチェックしよう

看護師としての働き方にも様々あり、パートやアルバイトで短時間の勤務を希望する方もあれば夜勤もこなして、高収入をあげたいと考える方もいらっしゃるものです。




看護師の仕事は女性の仕事としては高収入と言われていますが、全ての方が同じように高収入を得ているわけではありません。





高収入を得ている方の場合は夜勤を行うことによるところが多いと言えます。





看護師の基本給は少し低めであることも多いですが、それゆえに夜勤手当は大きく収入をアップできるものとなりますので、夜勤手当がいくらなのかは仕事を選ぶ際もとても重要となりますので、転職の際もしっかり確認しておきたいところです。




手当ての金額については特に決まっているというものではなく、病院によって差があります。



夜勤の体制も様々で、交代の準夜勤、3交代の深夜夜勤2交代の夜勤などそれぞれの体制で手当の金額も変わってくるものです。




そして勤務条件がそれほど変わらないのであれば、できるだけ手当ての良い医療機関を選べるようにしたいですから、まずは条件をしっかり調べておきましょう。




勤務条件を調べる方法としてはそれぞれの医療機関の求人情報をチェックすることとなりますが、より多くの医療機関の情報を調べたいという場合はやはり専門の求人情報サイトが便利です。




一般には公開されていない非公開の情報なども得ることができますので、まずは登録して条件に合う仕事を探してみてはいかがでしょうか。



ハローワークとナースの求人

ナースの求人情報


ナースが求人情報を得るために、ハローワークから求人を得るというのもの一つです。



しかし、ハローワークで得られた求人はナースにとっては、質の良い求人を見つけることが難しいことと思います。



その理由には、採用側の事情があります。




採用側の認識として、求人を掲した場合に、その掲載先から確保できる人材のタイプがある程度わかっています。





求人雑誌の場合


求人雑誌の場合には、
年齢や経験がある程度絞られたターゲットからの応募になってきます。




ナース求人サイトの求人は


求人サイト(人材紹介)の場合は、担当者から年齢、経験、人間性など絞られた応募になってさらに絞らてきます。




ハローワークの求人は


ハローワークの場合は、年齢もまちまちで経験もまちまちで、いろいろなタイプの人から応募が多くあります。





大まかに言いますとこんな上記のような感じです。






つまり、中途採用で、適した人材、欲しい人材がある場合には、求人雑誌や求人サイトを利用したほうが効率がいいわけです。




ハローワークの場合には、いろいろ応募があり過ぎて、いい人材の確保が難しいというのが一般的な認識です。




そのためよほどの人手不足、あるいは、求人雑誌に費用を出す余裕がない場合に、ハローワークを利用することになります。



勤務形態が週休2日なのに、休日出勤がほとんどで、仕事がハード。というケースも考えられます。





医療機関によっては、たくさんの応募の中から、いい人材だけを採用しようという場合もありますが、あまり多くはありません。




また、ハローワークへ条件を良く掲載してしまうと、応募が殺到していまい、対応が大変になってしまうため条件の良い求人を掲載するケースは多くはないのです。





このような事情があり、良い人材、つまり条件の良い求人は、ハローワーク以外を利用していることが多いことが現状です。




そのためハローワークで、条件の良い求人、質の良い仕事の求人を得ることは難しいといてます。




医療機関の人材確保には、ナースの求人サイトの利用が多くなっている現状もあります。




良い条件の転職、質の良い求人を得たいならナースの求人サイトを利用がオススメです。



また、転職をするならこれからのさらなる向上を考えることをおすすめします。


まずは、自分自身を見直して、自分の適性や課題を明確にして今後のキャリアを考えて転職を目指しましょう。具体的にはこちらのブログが参考になりますよ。
 ↓  ↓
⇒ http://www.nurse-kyujin-tensyoku.com/blog/bunseki/


なるべく自分が成長できる環境に身を置くことがキャリアのためにもなりますし、成長を実感できたほうが充実感を味わい、その結果、長く勤められることにもつながりますね。



看護師の結婚の時期について

ある調査によると、男性が合コンしたい職業の第一位が看護師だそうです。

世の中の男性は、看護師という職業の女性にあこがれと好感をもっているということですね。




ここでは、看護師の一般的な結婚の時期について考えてみましょう。




実は、看護師は一般女性に比較して未婚率が高いという調査結果がでています。

一般女性のいわゆる結婚適齢期は20歳後半から30歳にかけてといわれています。




この時期には女性の未婚率は徐々に下がる傾向にありますが、

看護師では30歳代での未婚率が約50%なのです。

つまり、30歳代の約半数が未婚というわけですね。




一般女性の20歳代後半の未婚率は59.9%であるのに対し、看護師の場合は67.4%。




この時期には、仕事上でのキャリアアップを行いつつ、

将来の結婚相手を探している時期ですので、大きな差はありません。




しかし一般女性の30歳代前半の未婚率は33.4%で、後半は22.4%と徐々に下がってきます。




これに対し、看護師の場合には、30歳代前半が50.4%で、

後半は50.8%とほぼ横ばいの結果となります。




一方40歳代の看護師の未婚率は26.6%と急激に減少します。

これらから、看護師は結婚できない仕事ではなく、結婚適齢期が高い仕事であるといえるでしょう。





若い世代の看護師は、日々の仕事が大変で、

プライベートの時間も充実できないことが多くあるようです。




しかし、落ち着きが見えてくると、世の中の男性を引き付ける魅力が看護師の仕事には

あるといってもいいのではないでしょうか。